あれ…乳首が黒い!女性の隠れ悩み解決

女性ならではの悩み。

それは乳首が黒い。

男性に遊んでいると思われるなど不安が募りますが、原因を突き詰めると結構ハッキリしており、遊びで黒くなることはまずないんですよね。

母乳で乳首が黒くなる?ホルモンバランスとの関係

いつから?「20歳過ぎ」 28歳・女性

出産経験はありません。生理不順は高校生ぐらまいまでは基本的に毎月同じくらいにくる順調さはありましたが、大学生ぐらいになって生活が忙しくなったり、ストレスが増えてくると不順になることはありました。社会人になってからはストレスで病気にもなり、ストレスや薬の副作用で生理が1ヶ月遅れるなど不順になりがちです。

いつから?「30歳のころ」 35歳・女性

私は3人子どもがいます。乳首の黒ずみが気になり出したのは2人目が産まれて、卒乳したころです。二人とも母乳育児で、1歳ころまで飲んでいました。二人目が卒乳したころ、乳首がちょっとカサカサしてるなと思い、気になり出しました。

いつから?「30歳頃」 40歳・女性

出産経験はあります。子供は2人います。そして母乳で育てました。乳首の黒ずみは、2人目の子供を出産した後ぐらいからひどくなったような気がします。そして、そのことについてとても悩んでいました。

いつから?「30代後半から」 58才・女性

出産経験はありません。甲状腺機能低下症という持病があるのでその影響はホルモンバランスという点から考えるとあると思います。また、生理不順の傾向もありました。そしてブラジャーが結構きつめだったのも影響していると思います。

いつから?「35歳頃」 40代・女性

出産経験はあります。しかし、出産した当時は20代前半で、乳首の黒ずみより、母乳をやめた後の形の変化の方が気になっていました。シミも全く感じた事がなく、私のの場合は、やはり加齢が一番の原因だと感じます。

いつから?「30歳過ぎ(第一子を出産してから)」 40代・女性

出産経験は29歳、37歳と2回あります。産前というより、妊娠してからすぐ乳首が褐色になりました。胸が大きくなるにつれて乳首の色も濃くなりはじめました。出産したら少しは薄くなるかもしれないと期待していたのですが、母乳を与えるようになったり、赤ちゃんが乳首を触ったりするので色がなかなか戻りませんでした。

いつから?「25歳すぎたとき」 29歳・女性

黒ずみが気になりだしたのは、20代後半の時に出産してからです。完全母乳で子供を育てていて、かなり頻繁に子供が吸っていたせいか、あっという間に大きく黒くなってしまいました。乳離れも遅く母乳大好きな子供で、よけいに黒くなったのかもしれません。

いつから?「20歳を過ぎてから」 20代・女性

出産未経験です。ストレスで生理周期が乱れてしまったり、生理が止まってしまう事がよくありました。20代中盤に差し掛かってからは更にストレスが増し、生理の止まる回数が増えました。他には、自分の胸の正確なサイズがわからずなんとなくで下着を選んでいるため、それが乳首の黒ずみの原因ではないかと考えています。

いつから?「32歳ぐらい」 30代半ば・女性

妊娠・出産経験があります。母乳とミルク混合でした。妊娠中にだんだんと黒くなってきました。妊娠中は嬉しかったのですが、元に戻りませんでした。もともと生理不順でしたが、その時は特に色は変わりませんでした。妊娠後に大きく変化しました。

いつから?「31歳のころ」 30代・女性

出産経験はありませんが現在妊娠中で妊娠前より肌荒れがひどくなってきています。ニキビがなかなか治らず、肌の色もワントーン落ちた感じがします。妊娠前は元々生理不順で、肌の状態も良好とは言えませんでしたが、妊娠した後の方が悪くなっているので憂鬱です。

乳首の美白は可能か?

可能です。

レーザーかハイドロキノンなどの外用薬により、メラニン色素を追い出して美白します。

参照:乳首が黒い…ハイドロキノンでピンク色?男遊び?の真相

ただ…

レーザーの場合は当然乳首を先生に見られるわけで、これは女性の先生であってもなかなか恥ずかしいですよね。まあデリケートゾーンの脱毛もかなりもんですけど。

だとするとハイドロキノンなどの外用薬ですが、乳首の皮膚は非常に薄くてデリケートなため、美白剤の刺激でさらに黒くなるという可能性もあります。100%ではありません。

確実なのはレーザーなのですが、そこまでする人は結構まれ。そりゃもうそうとう真っ黒ならあれですが。

ただ注意したいのは個人輸入のハイドロキノン。これは使わないほうがベター。刺激コントロールができないからです。もし使うなら国内で正規に化粧品として販売されているハイドロキノン化粧品です。作用はマイルドですが使うならこれですね。

黒くなる原因は乾燥もある

乳首が黒くなるのは主に下着の接触や母乳による刺激。

そして両方とも共通するのが乾燥なんです。肌は乾燥しているとメラニンが増えやすいんです。

参照:乳首が乾燥してかゆい場合のあれこれ

保湿というと顔ですが、実は乳首も重要。かといって乳首を積極的に保湿する必要性は普通ありません。ただ母乳で赤ちゃんを育てている人は注意したほうがいいです。

特に離乳食に切り替わったときは保湿ケアをしたほうがいいです。赤ちゃんの歯やよだれにより肌の保湿成分が大幅に減少しており、産後のホルモンバランスの乱れも重なり肌の修復が遅れるからです。

こういう状態の乳首は乾燥が進行しやすく黒くなりがち。保湿は重要だと分かっていても、乳首までは意識がいかないでしょう。意外と重要なんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加